仙台市「2番街」






Last updated 2017-01-15

第1回 仙台市長町 「2番街」


R0011265.JPG



仙台駅から南に電車で1駅(4分)、長町にある穴場的横丁「2番街」を調査してきた。
長町駅は地下鉄ということもあり、地上には駅前広場がなく、
周囲には片側2車線の太い道路(国道4号線)が走り、
車の交通量も多いことから、郊外らしい街並みが続く。
車の交通量が多く、歩く人の数もまばらな国道4号線沿いに2番街の入口の看板がある。
2番街と書かれた看板の他に「長町マーケット」と書かれた看板もあった。
以前は「長町マーケット」と呼ばれていたが、
あるときから「2番街」へと改名されたようだ。



内部に足を踏み入れると、
飲み屋街であることがすぐにわかった。9割は飲み屋。
この飲み屋街の中に唯一、一般の商店を見つけることができた。
「鈴木はきもの店」だ。
店主の鈴木フヂエさんは昭和25年3月からここで商売を営む、2番街の最古参。
鈴木さんから2番街の形成過程についてお話を伺うことができた。







R0011282.JPG

2番街一帯には終戦直後からヤミ市が形成された。
当時は簡易的な店舗が並んでいたが、昭和25年に現在の形となった。

戦後、2番街一帯の土地は、
天賞酒造(仙台市八幡町29)の天江勘兵衛氏が所有しており、
その近くで営業していた材木店が土地を借り、マーケットを造った。
そのときは引揚者が多く入ってきたようだ。
昭和50年代に鈴木さんの旦那さんが中心となり、
土地の所有者である天江氏と交渉を行い、土地の権利が委譲され、
現在2番街一帯には30名前後の地権者がいる。




R0011269.JPG

今でこそ、2番街にある店の9割は飲み屋となっているが、
戦後形成されてから長い間、
豆腐屋、煎餅屋、うどん屋、魚屋などの一般商店が多く連なる商店街であった。
その頃は1階が商店、2階が住居となっていたこともあり、
2番街には子供達の遊ぶ姿が多く見られた。
特に七夕のときなどは、街を挙げて至る所に装飾を施し、
大きなイベントとして大変賑わった。

ところが近所に大型スーパーができると、
2番街の客は激減。その頃から商店は次々と姿を消し、
入れ替わるように飲み屋が次々と出店し、現在のように盛り場化していった。
飲み屋が増えたせいか、ガス・水道などのインフラの整備が急務となった。
終戦間もない頃に形成された2番街一帯に敷設された
ガス管・給水管は埋設深さが浅く、管径も小さかった。
そういったこともあり、ガス管は至る所で漏れ、
いつ火事になってもおかしくない状態であった。
そこで、2010年にガス管を本管から再度やり直し、
2番街一帯のガス管は全て更新された。



R0011274.JPG


今回、お話を伺った鈴木さんは、
こういった2番街の整備へ向けて行政などに働きかけをするなど、
まちづくりの中心として尽力され、
商店の内部にはその功績を讃える賞状などが飾られていた。
ぜひ、これからもお元気で2番街を支えていただきたい。
調査のスケジュールの関係で今回は昼間に訪れたが、
ぜひ次回は夜に訪れたい。